「刺激」を求める大人なメディア

HOME  >  エッチするならどっち?ラブホとシティホテルの魅力を比較

エッチするならどっち?ラブホとシティホテルの魅力を比較

エッチするならどっち?ラブホとシティホテルの魅力を比較

エッチする場所で一般的なのはラブホテル、もしくはシティホテルでしょう。では、実際にどちらでエッチするのがいいかと考えた時、勝るのはどちらになるでしょうか?
そこで今回は、
「エッチするならどっち?ラブホとシティホテルの魅力を比較」を紹介します。
それぞれの魅力を考え、あなたにとってエッチに相応しい場所はどちらかを考えてみてください。

ラブホの魅力1. 喘ぎ声が漏れない ラブホはエッチ前提で設計されているため、壁の防音も抜群です。このため、喘ぎ声が漏れる心配がなく、隣の部屋を気にせずにエッチに集中できるのです。
一方、シティホテルはそういった防音策をとっていないことが多いため、喘ぎ声が隣に漏れてしまうのです。最も、シティホテルでエッチするのは禁止と言うわけではありません。
しかし、時間帯によってはクレームの原因になるでしょうし、何より他人に喘ぎ声を聞かれるのは恥ずかしいですよね。エッチを堪能するなら、やはりエッチするための施設でもあるラブホの方が勝っているのです。

ラブホの魅力2. 探すのに困らない ラブホとシティホテルでは、よく見かけるのは明らかにラブホです。
そして、この事実自体がラブホの長所にもなっているのです。つまり、ラブホはシティホテルに比べて見つかりやすいわけで、探すのに困らないのです。
事前にカップルでお泊りを計画していれば別ですが、そうでなく突発的にホテルに行こうとなる場合もあります。そんな時、ホテルが見つからずに断念してしまうのは寂しすぎますよね。シティホテルオンリーの考えを持っていると、こうした事態に陥ってしまう可能性があるので要注意です。

ラブホの魅力3. 部屋が広い 室内の広さ、豪華を焦点で考えるならラブホの方が上です。シティホテルでもツインの部屋があるものの、室内の広さには雲泥の差がありますし、シティホテルは浴室も狭くなっています。
そもそもシティホテルは、ビジネスホテルと同じようなコンセプトの存在であるため、室内の広さをウリにしているわけではないのです。
このため、ラブホと比較すると比較にならないくらい狭く、ラブホに慣れたカップルにとっては窮屈な空間です。また、ラブホは部屋のバリエーション自体も豊富なので、部屋に関してはどの点においてもラブホが勝ります。

シティホテルの魅力1. 複数で入れる エッチすると言っても、人によっては3Pなどの複数プレイを望むこともありますよね。ではラブホは3人以上で入れるのかと言うと、多くのラブホが禁止しています。実際に3人でチェックインできるラブホもありますが、そういったホテルはホームページ内にそのことが記載されており、料金も1.5倍ほど高くなるのです。
つまり、ラブホの3人利用は料金が高いのはもちろん、そもそも3人での利用が可能なホテルも限られているのです。一方、シティホテルならその点の心配は無用で、気軽に3Pするにはシティホテルの方が適しているのです。

シティホテルの魅力2. 生々しさがない ラブホに行くと言えば、そこでエッチするのだと誰でも分かります。そして、女性によってはこの生々しさが嫌だという意見もあり、シティホテル派の女性が意外に多くいるのです。
特に、付き合って初めてのエッチは記念に残るでしょうし、そんな記念にラブホに行くのはあまりにも現実的すぎます。確かにラブホは部屋が綺麗ですし、夢のような空間でもあります。
しかし、目的はあくまでエッチのため、シティホテルのようなオシャレさを感じないのです。ちなみに、シティホテルは旅行の時に利用するホテルと意味は変わりません。このため、エッチをするという生々しさがなく、女性も抵抗なく利用できるのです。

シティホテルの魅力3. サービスが充実している ホテルとしてのサービスはシティホテルの方が上です。最も、ラブホはエッチ目的のホテルですし、シティホテルは観光や出張のために利用することもあるため、サービス面に差があるのは当然のことです。
シティホテルでは朝食も出ますし、旅行で利用するホテルとほぼ同じイメージです。
もちろん、食事のメニューなどがシンプルな点でリゾートホテルに劣るものの、ルームサービスしかないラブホよりは明らかに勝っているのです。
このため、付き合った記念日でのホテル利用など、サービスの充実やオシャレさを重視する場合は、シティホテルを選択するカップルも多いのです。

いかがでしたか?
最初に言っておくと、ラブホとシティホテルは全くの別物です。このため、それぞれが持つ長所と短所も全く違うわけです。また、エッチすること前提に考えればラブホが支持されそうですが、最近ではそうとも言えなくなっています。
このため、「エッチする=ラブホ」という図式を捨て、その中にシティホテルという選択肢も入れてみることで、よりカップルの仲が深まることもあります。
特に、付き合いになれていない女性を気づかう意味で、生々しさを感じないシティホテルに誘う男性は、紳士的で気配りに長けていると女性から評価されるのです。

[PR]エッチしたい時にお相手探しにオススメのサイト 「セックスしたい」「ムラムラしてきた」そんな時、オススメのサイトがあります。
それは『イククル』という18禁の出会いサイトです。
セックスは男女で触れ合いを楽しむ行為ですが、自分がソノ気でもパートナーがいなければ成立しません。
流行りのマッチングサイトやSNSを通じて出会うとしても、すぐに会ってセックスすることは稀です。
ところが出会いサイトでは、サイト内の掲示板を通じて「会いたい人同士」が簡単に交流できるのでヤリたくなったその時、近くで出会える異性が探せるのです。
●イククルとは? イククルは運営17年、会員数1000万人と国内最大級の出会いサイトです。
一般的なSNSと違って、サイトは18歳以上限定。男性女性に関わらず、メールやり取りを始める前に年齢確認が必要になります。
これにより、サイトを通じて出会う相手は、18歳以上だから、安心してオトナ同士の出会いが楽しめます。
●すぐ出会える「掲示板」がオススメ イククルを使って、すぐ出会いたい人に最もオススメしたいのは「掲示板」。
女性の場合、「男の人に側にいて欲しい..」「優しい男性に抱かれたい..」そんな時にデート相手を募集すれば近所の男性会員がアプローチしてくれます。
男性の場合は、掲示板の「すぐ会いたい」「まずは食事から」などのカテゴリから、好みの投稿を探してメールするだけで、投稿主の女性と通じて、すぐに待ち合わせできます。
●女性は無料 / 男性はポイント購入制 イククルは女性は無料です。男性はポイント制の有料でサイトを利用するシステムです。
 プロフ閲覧 = 1ポイント(約 10円)
 メール1通 = 5ポイント(約 50円)
●たっぷりメールできるポイントキャンペーン イククルは他の大手の出会いサイトにない、低料金で遊べるキャンペーンがあります。
そのキャンペーンは、3000円以上で購入するとポイントが通常の2倍になるというもの。
 通常のレート:3000円でポイント購入 → 300ポイント(メール 60通相当)
 イククル  :3000円でポイント購入 → 600ポイント(メール 120通相当)
キャンペーンを利用すれば、3000円ほどの課金で5,6名の女性と出会うことも難しくはありません。
●安心の匿名制 イククルは本名登録は不要で、ニックネームで会員登録できます。
女性は、男性経験の少ない女子大生や、職場に男性がいないOLまで数々の会員が出会いを求めています。
また、身バレの心配がないため、社会的地位のある男性にとっても、ヒミツの出会いを探す場として充分に活用できます。
登録エリアの掲示板をチェックすれば「すぐ近くでこんなにも多くの異性が出会いをもとめていたのか」と驚くことでしょう。ぜひサイトを活用して出会いを楽しんでみてください。
匿名で誰にもバレず出会える! オトナの出会える系サイト
※※サイトに登録したらプロフィール記入と年齢確認を忘れずに

この記事を書いた人

code

この記事に関連する記事

もう濡れちゃう!女が喜ぶオッパイの触られ方6つ

もう濡れちゃう!女が喜ぶオッパイの触られ方6つ

code
これが女の本音!フェラ嫌いな女が明かす6つの理由

これが女の本音!フェラ嫌いな女が明かす6つの理由

code
目指せエロ女!男が喜ぶ言葉責めのコツ6つ

目指せエロ女!男が喜ぶ言葉責めのコツ6つ

code
赤裸裸に告白 女の投稿編

赤裸裸に告白 女の投稿編

code
苦戦する女子多数!意外と難しいエッチのテクニック5つ

苦戦する女子多数!意外と難しいエッチのテクニック5つ

code