「刺激」を求める大人なメディア

HOME  >  同棲経験のある女性が語る同棲の短所7つ

同棲経験のある女性が語る同棲の短所7つ

同棲経験のある女性が語る同棲の短所7つ

カップルの中には、同棲に憧れているカップルも多くいる事でしょう。結婚しているわけではない為、家庭を守るという強い意志も必要ないですし、好きな相手と常に一緒にいられる環境は大きな魅力を感じますよね。しかし、どんな物事にも短所はつきものですから、同棲においてもそれは例外ではないのです。
そこで今回は同棲経験のある女性読者アンケートを元に、
「同棲経験のある女性が語る同棲の短所7つ」を紹介します。
魅力たっぷりの同棲生活には、一体どんな短所があると言うのでしょうか?

1. 独りの時間が確保できない 「独りで過ごしたい時もありますが、そういった時間がとれないのがストレスになります」(20代女性)など、
一般的にも言われている問題を、真っ先に挙げる女性が多かったです。客観的に見ると、お互いの部屋を用意すればいいだけなのですが、実際に同棲するとなった場合、当然予算もありますし、結婚前の同棲の段階で、一生暮らすような部屋を契約する事はまずあり得ません。その為、部屋数としては妥協するカップルが多く、それが原因でお互い個別の空間を用意する事ができないのが現実です。

2. お金の管理が面倒 「不公平にならないような生活費の管理が必要になります」(30代女性)など、
恋人同士とは言え、お金において問題が起こらないようにする為、管理の面倒さを挙げる意見がありました。
ここが結婚と同棲の一つの大きな違いでもあります。基本的にお金の管理は別々にしている事が多い上、家賃などの生活費に対しては、お互い不満のないように公平の出費にするべきですよね。要するに全ての出費において、割り勘計算をしなければならない為、それが積み重なると非常に面倒に感じるのです。

3. 趣味の違いがストレスになる 「見たいテレビ番組や音楽の好みが違うのがストレスになる事もある」(30代女性)など、
愛情は同じでも趣味や好みが違う為、積み重なるとそれがストレスになると意見も多くありました。回答した女性の立場で考えると、今までは好きなテレビや音楽を聴いていたのが、同じ部屋に彼氏もいる事で好き勝手に自分の好みだけで楽しむ事ができなくなってしまったわけです。もちろん男性もその点は同じですが、実際にそれがストレスになってしまうのは確かなようです。ここが妥協できなければ同棲は無理でしょう。

4. 見られたくない姿を見られてしまう 「ムダ毛の処理とか昼寝している時とか、見られたくない姿を見られる」(20代女性)など、
故意でないにしても、プライバシーとも言える場面を彼氏に見られてしまう事が、嫌だと感じる女性も多くいました。特に女性の場合はメイクなど、本来デートで会う姿になる為には、準備も時間も必要なわけで、そういった場面を実際に彼氏に見られてしまう事で傷ついてしまう例もあります。男性もまた同じ不満があるでしょうし、互いのプライバシーが尊重できないようになると、それが同棲の短所になってしまいます。

5. 実家に帰りづらい 「実家に帰りたい時に、彼氏を独りにしてしまう事になるので、なかなか帰りづらい」(30代女性)など、
一緒に暮らしている事で、実家に用がある際でもなかなか気軽に帰りづらい点を挙げる意見もありました。
何も家出して同棲したわけでもないでしょうから、女性からすれば時には実家に帰りたい時もありますし、実家に泊まりたい事もあります。そういった際に自分の都合だけで気軽に行動できない点が、同棲の短所でもあります。特に彼女が家事全般をこなしていると、その短所は一層強くなってしまいます。

6. 気分が乗らない時にエッチを求められる 「疲れている時でも彼氏にエッチを求められる事がある」(30代女性)など、
一緒にいる事でエッチする機会も増えた為、気分が乗らない時でも求められる事もあり、それが同棲の短所と挙げる女性もいました。同棲する事で常に一緒にいる為、男性としては性欲が高まるのも無理はないですよね。しかしエッチは一方的なものではないですから、女性にその気がない時には、女性の意見を尊重しなければなりません。男女の性欲の差が、同棲における短所に繋がっているのです。

7. 別れた時が面倒 「別れると言っても、住んでいる家の契約など、手続きがいろいろある」(30代女性)など、
もし別れる事になった場合、一言で済ませる事ができない事を一つの短所として挙げる意見もありました。
実際に別れるとなると、住居の契約、退去日、どちらかが残るかどうかなど、決めなければならない事も多くありますし、郵便物や免許の住所変更など、多くの手続きも必要です。場合によっては別れた後も彼氏に会う事が必要になる事もありますし、そう考えると同棲は気軽にではなく、それなりの覚悟をしておかなければいけないですね。

いつも一緒にいられる甘い同棲も、実はこういった短所がある事が分かりました。そしてこうした短所のほとんどが改善できない為、解決策としては我慢するしかないのが現実です。つまり、このような短所があったとしても彼氏と一緒に住みたい、そう思えなければ同棲生活は楽しめないですし、そう思う事ができれば、楽しい同棲生活を過ごす事ができます。

[PR]エッチしたい時にお相手探しにオススメのサイト 「セックスしたい」「ムラムラしてきた」そんな時、オススメのサイトがあります。
それは『イククル』という18禁の出会いサイトです。
セックスは男女で触れ合いを楽しむ行為ですが、自分がソノ気でもパートナーがいなければ成立しません。
流行りのマッチングサイトやSNSを通じて出会うとしても、すぐに会ってセックスすることは稀です。
ところが出会いサイトでは、サイト内の掲示板を通じて「会いたい人同士」が簡単に交流できるのでヤリたくなったその時、近くで出会える異性が探せるのです。
●イククルとは? イククルは運営17年、会員数1000万人と国内最大級の出会いサイトです。
一般的なSNSと違って、サイトは18歳以上限定。男性女性に関わらず、メールやり取りを始める前に年齢確認が必要になります。
これにより、サイトを通じて出会う相手は、18歳以上だから、安心してオトナ同士の出会いが楽しめます。
●すぐ出会える「掲示板」がオススメ イククルを使って、すぐ出会いたい人に最もオススメしたいのは「掲示板」。
女性の場合、「男の人に側にいて欲しい..」「優しい男性に抱かれたい..」そんな時にデート相手を募集すれば近所の男性会員がアプローチしてくれます。
男性の場合は、掲示板の「すぐ会いたい」「まずは食事から」などのカテゴリから、好みの投稿を探してメールするだけで、投稿主の女性と通じて、すぐに待ち合わせできます。
●女性は無料 / 男性はポイント購入制 イククルは女性は無料です。男性はポイント制の有料でサイトを利用するシステムです。
 プロフ閲覧 = 1ポイント(約 10円)
 メール1通 = 5ポイント(約 50円)
●たっぷりメールできるポイントキャンペーン イククルは他の大手の出会いサイトにない、低料金で遊べるキャンペーンがあります。
そのキャンペーンは、3000円以上で購入するとポイントが通常の2倍になるというもの。
 通常のレート:3000円でポイント購入 → 300ポイント(メール 60通相当)
 イククル  :3000円でポイント購入 → 600ポイント(メール 120通相当)
キャンペーンを利用すれば、3000円ほどの課金で5,6名の女性と出会うことも難しくはありません。
●安心の匿名制 イククルは本名登録は不要で、ニックネームで会員登録できます。
女性は、男性経験の少ない女子大生や、職場に男性がいないOLまで数々の会員が出会いを求めています。
また、身バレの心配がないため、社会的地位のある男性にとっても、ヒミツの出会いを探す場として充分に活用できます。
登録エリアの掲示板をチェックすれば「すぐ近くでこんなにも多くの異性が出会いをもとめていたのか」と驚くことでしょう。ぜひサイトを活用して出会いを楽しんでみてください。
匿名で誰にもバレず出会える! オトナの出会える系サイト
※※サイトに登録したらプロフィール記入と年齢確認を忘れずに

この記事を書いた人

loveking

この記事に関連する記事

女性が結婚相手の男性に求める6つの条件

女性が結婚相手の男性に求める6つの条件

loveking
真面目な彼女をエッチに変身させる6つの方法

真面目な彼女をエッチに変身させる6つの方法

loveking
彼氏とのエッチを採点した時の減点ポイント8つ

彼氏とのエッチを採点した時の減点ポイント8つ

loveking
簡単に見破れます!男性が風俗に行った時の痕跡6つ

簡単に見破れます!男性が風俗に行った時の痕跡6つ

loveking
女だって楽しめる!女性が観たがるAVの特徴6つ

女だって楽しめる!女性が観たがるAVの特徴6つ

code