「刺激」を求める大人なメディア

HOME  >  赤裸裸に告白

赤裸裸に告白

赤裸裸に告白

広い世の中、中にはAV顔負けのエッチな経験をしたことのある人もいます。
そこで今回は読者から寄せられた「エッチな体験談」をいくつか紹介していきます。
読むだけで思わず興奮してしまうような経験の数々をお楽しみください。

1. オッパイを見せた優等生(30代男性の体験談) 中2の頃、優等生タイプのクラスメイトのA子がタバコを持っているのを知った俺は、それでA子を脅迫しました。
脅迫なんて最低だと分かっていましたが、俺は当時学年で40番くらいの成績で、20番台の常連だったA子が妬ましくもあったのです。A子を家に連れてきた俺は、「黙っている代わりにオッパイを見せて」と言いました。正直ダメ元でしたが、ちょっと考えた後、A子は黙って頷き、「本当に黙っていてくれる?」と念を押してきました。

俺がそれに頷くと、A子は覚悟を決めたようにシャツのボタンを外し、白いブラを露わにしました。当時まだ童貞だった俺にとっては刺激的で、すぐに勃起してしまいました。「ブラもだよね・・・?」と言うA子の問いに、俺も「うん」と言いました。しばらく硬直した後、A子はブラを外し、オッパイを露わにしてブルブルと震えていました。膨らみかけのオッパイは、AVで見るようなオッパイとは全く違いましたが、それでもクラスメイトのオッパイを見ていることに興奮した俺は、ドキドキが止まりませんでした。

今思うと情けないことに、それ以上は何もできませんでしたが、当時何かにつけてA子を何度か家に呼び、その都度オッパイを晒させていました。もちろんA子が帰った後は、A子のオッパイを思い出しながらオナニーしていました。3年になってからはクラスも替わったので会わなくなり、高校も別々だったので、それ以降A子には会っていません。

2. クラスの女子3人に精子を見られた(20代男性の体験談) 小学校6年の時、俺の家は友達がよく遊びに来ていました。特に遊びにきていたのが女性3人で、お目当ては俺の家にある最新ゲーム機でした。両親の帰りも遅い上、当時人気のゲームが俺の家にあったので、この女子達は毎日のように遊びに来ていました。ある日、女子達が俺の部屋を漁りだし、持っていたエロ本が見つかってしまいました。

「えー!A君こんなの見ているんだ!いやらしい~」とキャーキャー騒ぐ女子、俺は恥ずかしくて死にそうでした。さらにそこから話が発展し、こともあろうに俺がオナニーしているかどうかの話題になりました。恥ずかしながらオナニーをしていた俺は、みんなの前でオナニーを公開することになりました。必死で抵抗することもできたかもしれないですが、内心、クラスの女子達の前でオナニーを見せる状況に、興奮を感じていたのです。

おもむろにズボンを下げて、パンツを脱ぐと、オチンチンは既に大きくなっており、「なんか勃ってるよ!こんなに大きくなるんだ~」と、女子達は大騒ぎでした。やがて俺は女子の前でオチンチンをシゴきはじめると、女子達は興味津々でその様子を眺めてきました。いつものオナニーとは比べものにならないくらい興奮した俺は、すぐにイキそうになってしまい、女子達の前で精子をドクドクと出してイッてしまいました。

精子はエッチな本の女にかかり、しばらく女子達は、出た精子を興味深そうに眺めたり、触ったりしていました。その後、しばらくの間はゲームではなく、オナニーを見るのを目当てに、3人の女子は遊びにくるようになりました。彼女とエッチする時、俺はMになるのですが、それがこの時の経験が原因になっていることは秘密です。

3. 男の前でお漏らし(20代女性の体験談) 彼氏と2年付き合っている私は、つい魔がさして浮気してしまいました。いけないとは分かっていましたが、その時たまたま彼氏とケンカしていましたし、あてつけの意味で出会い系を使ってしまったのです。遊ぶだけという約束で会ったものの、相手の男性は次第に本性を現し、私をホテルに誘ってきました。どうせバレないし一度くらいならいいかと思い、私はその誘いにOKしました。正直他の男性とのエッチにも興味があったのです。

シャワーを浴びてエッチするところまでは普通でしたが、私のアソコに指を入れた相手の男性は、ひたすら指でアソコを刺激してきたのです。明らかに彼氏よりカッコ悪く、小太りの男性だったため、イカされることは屈辱でしたが、それでも私はイッてしまいました。ところが、イッても男性は責めるのをやめず、アソコが壊れるくらい激しく刺激してきました。

喘ぎ声はやがて呻き声のようになってしまい、2度も3度もイカされた私は、半ば放心状態になってしまいました。そのうち、猛烈に尿意を感じた私は、男性にやめてほしいと懇願しましたが、それでも男性はやめてくれません。ガマンできなくなった私は「やめて、ホントにでちゃうから!」と連呼していました。そしてとうとうガマンできなくなり、私のアソコから黄色いオシッコが勢いよく出てしまいました。

男の人、それも彼氏以外の男性の前でお漏らしをしたことに、私は恥ずかしさと屈辱感でいっぱいになり、座り込んで泣きだしてしまいました。
相手の男性はそんな私に容赦ない責めを続け、結局その日、顔にも精子をかけられた私は、オシッコの中で、裸で精子まみれの顔をした状態で写メまで撮られました。数ヶ月前の話ですが、それをネタに呼び出されないか、今でもヒヤヒヤしています。

いかがでしたか?
皆さんもエッチな体験談があれば、ぜひ教えてください。誰にも言えなかったあなただけの秘密を、ここで赤裸々に暴露してしまいましょう!

この記事を書いた人

code

この記事に関連する記事

女に精子をかけるならどこ?それぞれの魅力を解説

女に精子をかけるならどこ?それぞれの魅力を解説

code
所持するだけでイメージダウン!女性が嫌がるAVの特徴7つ

所持するだけでイメージダウン!女性が嫌がるAVの特徴7つ

loveking
エッチで彼氏を満足させる6つのコツ

エッチで彼氏を満足させる6つのコツ

loveking
初エッチで男性がイケるために注意すべきこと6つ

初エッチで男性がイケるために注意すべきこと6つ

code
もう濡れちゃう!女が喜ぶオッパイの触られ方6つ

もう濡れちゃう!女が喜ぶオッパイの触られ方6つ

code